Back to Top

index.html
 
“W20 & W123 Trade in Speaker System 
穴開け加工、一切不要の完全トレードイン仕様
ドライカーボン製 防振加工 バッフルボード
FRP製 防振加工 エンクロージャー
SCAN SPEAK製 5F/8422 T01 フルレンジスピーカー使用
純正スピーカーカバー装着可能

専用エンクロージャーとカーボンバッフル

“W123 & W201 スピーカーシステム、お申し込みについて。

※残数は、ウェブサイト更新時のものです。最新のデータが反映されていないことがあります点をご容赦ください。

W201、W123のすべてのボディタイプ、左右ハンドルモデルに装着できる専用のエンクロージャーとバッフルボードがデザインされています。FRP製のエンクロージャーは、スピーカー背面からの逆位相振動が足元へ筒抜けになることを防ぎ、また大音量時のスピーカーユニットの不必要な暴れを効果的に抑制することで、耳に届くべき音楽情報のみを滑らかに表現することを可能にする、スピーカーシステムのキモになる部品です。スピーカーユニットが取り付けられるバッフルボードには、ドライカーボンが使用されています。薄く、高硬度、高強度のドライカーボンに適切な制振加工を施すことで、スピーカーユニットが出力する繊細な音楽情報を余すことなく表現するだけでなく、クリアランスの少ないW201、W123のスピーカーカバーとダッシュボードの空間に装着することが可能になっています。

SCAN SPEAK製 スピーカーユニット採用

スピーカーユニットには、SCAN SPEAK製 5F/8422 T01 を採用しました。”W123 & W201 スピーカーシステム” を実現するにあたって、もっとも苦労したのがスピーカーユニットの選定でした。わずか10cm径の取り付け穴にエンクロージャーを収めた上で装着できるスピーカーユニットは、コーン紙の直径だけでなく、マグネットのサイズにも大きな制約があります。その制約の中で最良の音質を求め、条件に適合する数モデルのスピーカーユニットを実走高を伴う環境の下でそれぞれ一定期間比較試聴した結果、 SCAN SPEAK製 5F/8422 T01 に決定しました。

SCAN SPEAK社は、設計から製造までをデンマークの自社で行うスピーカーユニット・メーカーで、1970年の創立以来、一貫して高品位なスピーカーユニットのみに的を絞って開発を継続してきたことで知られます。ボーカルやサックスフォンに代表される帯域がとても表情豊かで美しく、かつロック系の強烈なパンチにも腰砕けすることなく力強く歌いあげるようなサウンドであることが、採用の決め手になりました。また5cmの口径であることが信じられないほど、低音域も豊かに鳴らし切ります。W124、あるいはW126スピーカーシステムで使用しているフォステクス製FE-83Enの2倍強の価格は、最終的に ”W201 & W123スピーカーシステム” の価格に反映せざるを得ないという一点のみが悩ましくはありましたが、一度聴いてしまうと、これ以外に選択の余地がないと思える音質です。

試作のウェットカーボン製バッフルボード、エンクロージャーで撮影した動画を紹介します。 最終仕様の試作です。 音源はCD、アンプ内蔵1DINヘッドユニット、イコライジング等のフィルターやエフェクトはなし、車内はスピーカーシステムのみでリアスピーカー等なし。トランク内にパイオニア製TS-WX610Aというスペアホイールインタイプのサブウーファーがセットされていますが、低音成分を多く含まない音楽なので、聴感上はほとんど聞こえない程度にしかなっていません。iPhoneを使って収録し、iPhoneとスピーカーシステムの距離は、30cm程度です。

W201, W123とも、純正カバーを装着すれば、外装はオリジナルのまま使用可能です。

写真は、W201です。

純正カバー装着可能

☆大切な愛車に穴開け加工なしでトレードイン。

既存のねじ穴等を利用し、エンクロージャー、バッフルボードともにしっかり固定します。

写真は、W201です。

車両への改造、一切不要

山口宗久 with “クルマの達人”

スピーカーシステム

Trade in Speaker System

for Mercedes-Benz  W123, W201

写真:for W123 & W201

聴き疲れのない、美しい音楽とともに、

大切なW123、W201で、いつまでも素敵なドライブを。

古いクルマを大切にするたくさんのオーナーと、本業のもの書きとしての仕事を通じて知り合ってゆくうちに、いつか、こういうものが作れればいいなと思っていました。四半世紀前のラジオではなく、現代の常識でも上質を語れるオーディオから流れる音楽とともにドライブする悦び。それを実現すること。


ドライカーボン製バッフルボードも、FRP製エンクロージャーも、仕様自慢のために選んだのではありません。純正インテリアを崩さぬように限られた空間への装着を、大切な車両を一切の改造キズを加えない装着を、そしてもちろん繊細で生々しく聴き疲れのない音楽再生を求めて、なんども試作をした結果に選定した素材です。職人さんが製作してくれた部品を、すべてわたしが手作業で最終加工、アッセンブルして完成させています。


原稿書きの合間に作っていますので、お申し込みからお届けまで時間が掛かってしまいますが、W123、W201を大切にされている皆さまに、ぜひ聴いていただきたいと思っています。

W123, W201 Speaker System

ご注意: このスピーカーシステムに使用しているSCAN SPEAK製5F/8422 T01スピーカーユニットは、本来ホームオーディオ用として開発されたものです。従って車内での使用、特に耐候性について十分な試験がなされていません。純正カバーを装着した使用条件において数年以上の使用が可能と推察しておりますが、その数値を保証するものではありません。長期に渡る使用において、スピーカーユニットの交換が必要になった場合はSCAN SPEAK 正規輸入代理店 横浜ベイサイドネットよりご購入の上、当スピーカーシステム専用に後付けされた電子部品を移設した上でご使用を継続いただけます。また有償にて交換スピーカーをお送りすることもできます。正常な使用状況において、ご購入より1年以内に不具合が生じた場合は当方にて交換いたしますので、メールにてその旨をお知らせください。

W124, W126用のページは

コチラから。

提携ファクトリーで、以下の取り付けサービスを承ります。


『W123、 W201スピーカーシステム 取り付け & サウンド基本セットアップ』

                   +

『推奨サブウーファー“パイオニア製TS-WX610A” 取り付け & サウンド基本セットアップ』

                             for W201/W123 ワゴン


『推奨サブウーファー“パイオニア製TS-WH500A” 取り付け & サウンド基本セットアップ』    

                             for W123 セダン/クーペ

  1. 対応車種

  2. Compact class  W123(全ボディタイプ/右・左ハンドル)

  3. 190 class  W201(全ボディタイプ/右・左ハンドル)

    


A)スピーカーシステムの取り付け


【A】スピーカーシステム取り付け。アンプ内蔵型ヘッドユニット=スピーカー線交換。

作業内容:スピーカー化粧カバー脱着。ダッシュボードアンダーカバー左右脱着。ヘッドユニット脱着。

     スピーカー線交換。スピーカー交換。

作業工賃12,000円(税別)

   


    


B)ヘッドユニット(パイオニア製 DEH-970)の取り付け


【B】

作業内容: ヘッドユニット脱着。取り付け金具装着。

     +12V/ACC/アンテナコントロール/ディマー/アンテナ/スピーカー各配線接続。

作業工賃:パイオニア製 DEH-970代金+取り付け金具代金 込み=40,000円(税別)

     /機材代上昇につき、価格改定しました。

※ヘッドユニットを交換する場合は、電源線等の配線加工が必要になりますので、

 【A】と併せて【B】を選択してください。

  新規取り付けヘッドユニットには、ご希望の機材の持ち込みもできます。

  持ち込みの場合は、DEH-970の代金分を減額いたします。

  減額の金額は、DEH-970の市価価格に応じて変動いたしますので、ご注文時に相談させていただきます。



    


C)サブウーファー取り付け【現車現状に応じて、下記作業の組み合わせ】


【C−1】サブウーファー取り付け(W123セダン/クーペ 以外)

作業内容 パイオニア製TS-WX610Aのスペアホイール内取り付け。

サブウーファー電源線敷設(エンジンルーム内バッテリー)&  ヘッドユニット=サブウーファー コントロール線敷設に伴うバッテリー側 ダッシュボードアンダーカバー脱着。前後片側サイドシルカバー脱着。リアシート脱着。

作業工賃パイオニア製TS-WX610A代金込み=45,000円(税別)

     /機材代上昇につき、価格改定しました。


【C−2】サブウーファー取り付け( W123セダン/クーペ)

作業内容 パイオニア製TS-WH500Aのトランクサイドポケット脇フレームへの取り付け。

サブウーファー電源線敷設(エンジンルーム内バッテリー)&  ヘッドユニット=サブウーファー コントロール線敷設に伴うバッテリー側 ダッシュボードアンダーカバー脱着。前後片側サイドシルカバー脱着。リアシート脱着。 作業工賃パイオニア製TS-WH500A代金 + 取り付けボード製作代金 込み=55,000円(税別)

     /機材代上昇につき、価格改定しました。


※【C-1】、または【C-2】のどちらかを選択してください。

 W123セダン/クーペは、スペアタイヤ内にサブウーファーを取り付けることができないので、

 TS-WH500Aを専用に製作する取り付けボード上にマウントし、トランクサイドポケットに落とし込むように

 フレームにしっかりと固定します。

 やや難しくなる取り付け工賃と、取り付けボードの製作費が加算されます、ご容赦ください。

 もちろん、車両への加工は一切行いません。

 配線は、すべてフロアカーペット(フロアマットではない)を剥がし、隠れるように敷設します。

 サブウーファーへのオーディオ線は、リアスピーカー線からの分岐となります。

 サブウーファー出力RCA端子付きヘッドユニット使用の場合は、より高い音質を実現するために

 下記【Cーオプション作業】の選択をお勧めします。

 またリアスピーカーがないモデルでは、下記 【Cーオプション作業】の選択が必須になります。 



【C−オプション作業】サブウーファー用RCAケーブル敷設。

作業内容:上記【C−1】または【C−2】に加え、ヘッドユニット=サブウーファーRCAケーブル敷設。

作業工賃4,000円(税別/ 5mRCAケーブル代込み)

※5mRCAケーブルをこちらで用意します。




※【Cーオプション作業】は、ヘッドユニットにサブウーファー用、またはリア用のRCA出力端子が

 備わっている場合のみ、選択できます。

 


    


D)全配線のシート下配線用トンネル内敷設。


【D】

作業内容:すべての配線を、フロアカーペット下にある既存配線用トンネル内へ敷設します。

上記選択作業に加え、フロントシート脱着。

作業工賃23,000円(税別



    


E)その他の作業【現車状況、あるいは希望に応じて選択してください】


【E−1】アンテナ昇降チェンジオーバーリレー増設。

作業内容:社外製ヘッドユニットを使用する際、ヘッドユニットの電源またはラジオのオン・オフに応じて、アンテナを正常に昇降させるための作業です。 アンテナ昇降ユニット近くに、チェンジオーバーリレーを設置します。

作業工賃5,000円(税別)

※ヘッドユニットを純正から社外製に交換する際、必要な作業です。

 ボッシュ製チェンジオーバーリーを、こちらで用意します。



 

W123、W201スピーカーシステムの取り付けは、それほど難しい作業ではありませんが、愛車のことはプロに任せたいという方のために、スピーカーシステム、ヘッドユニット、及び推奨サブウーファーの取り付けサービスを承ります。作業をお願いする提携ファクトリー(名称・所在地はページ末に記載)は、スピーカーシステムについてよくご理解いただいている信頼できるファクトリーです。


下記のA〜E群の中から、ご自身のW123、W201に施したい【作業】を複数選択して、スピーカーシステムご注文時に併せてオーダーしてください。作業工賃、及び機材代は選択項目の合計になります。スピーカーシステムの代金と共にお預かりし、必要な機材と共にファクトリーへ事前に届けます。


どの項目を選択してよいか分からない場合は、ご自身のメルセデスについてお書き添えの上、ご相談ください。メールでやり取りをさせていただき、ベストな選択を提案させていただければと思います。

感想の声をリンクさせていただきました。(順不同、敬称略)

W201 & W123

「Hiroyuki Imai さんのfacebook」 NEW


対応車種
コンパクトクラス W123(右・左ハンドル)/ 65,000円(税、送料別)
190クラス W201(右・左ハンドル)/ 65,000円(税、送料別)
※ セダン、クーペ、ワゴンのいずれのボディタイプにも対応。

《 W123 & W201 スピーカーシステム 申し込み》

“W123 & W201 スピーカーシステム” を、10セット製作いたします。
12月下旬より、お申し込み順にお届けします。

初回:15セット(完売) 第2回:3セット(完売)   第3回:10セット(完売) 第4回:10セット(残り3セット)
mailto:w201-w123speaker@yamaguchi-munehisa.com?subject=W123%20%26%20W201%20%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%20%E7%94%B3%E3%81%97%E8%BE%BC%E3%81%BFshapeimage_11_link_0
shokunin_item_w124_w126.html

【C−2】サブウーファー取り付け( W123セダン/クーペ)

取り付け作業をお願いしているファクトリー

関東:エスファクトリー 東京都江戸川区篠崎町7-11-5 03-5636-5122

中部:Das Auto Ganz 三重県松阪市大口町217 0598-53-0300

関西:ブリティッシュモータース 兵庫県神戸市東灘区魚崎浜町29-5 078-452-6002

関西:WERKE 大阪府枚方市尊延寺6-9-12 072-859-8301

お知らせ:

スピーカーシステムは、各モデル用とも現在製作中のロット数完売後、

このウェブサイトからの直接販売は終了し、

株式会社 K-advanced からの販売となります。