W124スピーカーシステム・シリーズ3 について。


W124スピーカーシステム・シリーズ3は、SCAN SPEAK製 10F/4424G00ユニットを搭載したモデルです。


W124用スピーカーシステムには、フォステクス製FE-83Enを搭載した「オリジナル」と、SCAN SPEAK製 5F/8422T01を搭載した「シリーズ2」の2モデルがあります。明るいキャラクター、繊細な音の表現力が素晴らしいオリジナル。豊かで滑らかな音楽性の高い音色を聴かせてくれるシリーズ2。どちらも甲乙つけがたい自信作として完成させることができました。


では、なぜ新たに「シリーズ3」なのか。



信じられないようなことですが、SCAN SPEAK製 10F/4424G00ユニットは、オリジナルとシリーズ2の両者が持っている特徴を兼ね備えたサウンドを聴かせてくれます。


音の立ち上がりは、極めて軽やかです。わた毛がそよ風にふっと舞うように、重さを感じさせずに音が動きはじめます。


けれども、厚みのあるしっかりとした芯を持った音です。やわらかく、ぬくもりを感じさせる質感の豊かな音質で、声や楽器のみずみずしさを教えてくれるように、音楽を奏でてくれます。


信じられないようなことですが、相反関係にあるようなこの2つの表現を、とても自然に耳や体に伝えてきます。これはまさに、オリジナルとシリーズ2の持つそれぞれの素晴らしい響きを兼ね備えた音感なのです。


そして、低音から高音まで、すべての音域が素晴らしいバランスを保ったまま消えてゆきます。どこかの音域だけがいち早く消えてしまったり、しつこく尾を引くことなく、さらりと自然に無音へと減衰していきます。ドラムのリムショットのような鋭い強弱と激しい高音域を含んだ音も、豊かな残響処理が成されたふくよかなボーカルの肉声も、その音がそれと明らかにわかる“らしさ”そのままにバランスよく消え、また次の音へとつながります。この表現力については、オリジナルとシリーズ2を明確に上回っています。


まさに、W124用スピーカーシステムの最高峰モデルとして迎えるにふさわしい可能性を備えたユニットだと実感しました。


この音楽性を余すところなくW124の車内で再現したい。そんな思いでじっくりと聴き込み、最善の方法を研究しました。オリジナル、シリーズ2をご愛用いただいている方にとっても、新しい世界を実感していただけるスピーカーシステムとして仕上げました。


「W124スピーカーシステム・シリーズ3」の誕生です。

W124 スピーカーシステム・シリーズ3

“W124 スピーカーシステム・シリーズ3” のお申し込みは、こちらから




“リアスピーカーキット(for W124, W126, W201)” の

 先行お申し込みは、こちらから


「リアスピーカー・キット」については、こちらをご覧ください。



※パソコンからのメールが着信できるアドレスから、お送りください。

携帯電話のアドレス(@docomo.ne.jp, @ezweb.ne.jp, @softbank.ne.jp 等)からのメールは、お避けください。特別な設定をしていただかない限り、こちらからの返事が届きません。

どうぞ、よろしくお願いいたします。詳しくは、こちらをご覧ください。


※お名前、ご希望の決済方法(銀行振り込み またはクレジットカード)をお書きいただき、メールにてお申し込みください。表記の価格は、銀行振り込みをご利用いただいた場合の金額です。

 

W124 Speaker System “Series 3”

穴開け加工、一切不要の完全トレードイン仕様
内装の意匠変更不要。 純正スピーカーカバー装着可能
ドライカーボン (CFRP) 製 防振加工 バッフルボード
FRP製 防振加工 エンクロージャー
SCAN SPEAK製10F/4424G00 フルレンジスピーカー使用
24Kメッキ端子

価格:87,000円( 税・送料別/銀行振り込み) 
第1ロット 5セット・完売。
第2ロット 5セット・完売。

※ 現在、8月末以降にお届け分のお申し込み受付中です。
  メインユニットの品薄状況が続いており、
  納期についての確約ができません。
  お申し込みの際に、個別にお知らせさせていただきます。
  8月20日時点でお申し込み分については、
  10月中旬頃にお届けできる見込みです。

custom-fit ultimate sound

           “YAMAGUCHI” Speaker System

W124 スピーカーシステム・シリーズ3と

リアドアスピーカーキット(試作機/W124, 126, 201に適合)を

組み合わせた4スピーカーでの試聴会を開催します。

詳しくは、こちらをお読みください。


※ リアスピーカーキットの先行お申し込みについても、

上記のブログをお読みください。

お申し込みはメールリンクは、このページ下方に用意いたしました。